Tequila

 

 

『そもそもテキーラとは』

 

メキシコを中心に熱帯域に自生する、

竜舌蘭(リュウゼツラン)の一種である『アガベアスール』

のみを使用した蒸留酒のことを指します。

 

メキシコ・ハリスコ州にある、テキーラ村に由来。

 

アガベマゲイとも呼ばれている竜舌蘭は、

 

208の種類が確認されており、テキーラは

『アガベアスール = ブルーアガベ』のみの

使用が規則になっているお酒です。

 

 

 

『原産地呼称』

 

画像

 

 

1974年初頭、テキーラの原産地呼称制度が始ます。

 

テキーラは限られた5州の地域で製造された物のみ、

テキーラと名乗ることのできる、原産地呼称として

保護されています。

 

製造に加えて、蒸留もテキーラ地区とその周辺の

蒸留所である事が条件とされており、

それらはCRT(テキーラ管理評議委員会)によって厳しく管理されています。

 

CRTに登録しているテキーラは1744ブランド

(※2020年11月時点、CRTより)

 

 

テキーラの原料である、アガベアスールは

メキシコと、オーストラリアの中心部または、

南アフリカ一部の気候でしか生育は難しいが、

 

メキシコで生育されたアガベアスールのみ

テキーラに使用する事が許されています。

 

メキシコで、生育されているアガベ・アスール

純血を守るため、交配して種子を作る事はせず、

株分けのみで増やしています。

これらも全て、CRTによって厳しく管理されています。

 

 

 

『2つのカテゴリー』

原材料の割合によって2つのカテゴリーに分類されています。

  • 画像

    MIXTO TEQUILA

    <ミクストテキーラ>

    アガベアスール由来の糖分が51%以上と指定されている。残りの糖分はサトウキビやトウモロコシなど、その他の天然由来の糖分を用いても良い。純度が100%ではない事から、比較的安価にはなるが、決して悪いテキーラではなく、それを好む人も多く存在するのも事実。日本人に最も馴染みのあるテキーラである。

  • 画像

    PREMIUM TEQUILA

    <プレミアムテキーラ>

    糖分の100%がアガベアスール由来であるもの。純度が100%と言う事である。これは細かな規定により定められている。別名プレミアムテキーラとも呼ばれているが、ラベルには「100% de AGAVE」など100%の文字が刻まれている。

 

 

 

『熟成具合い』

テキーラは樽の熟成期間によって5つのクラスに分類される。

 

 

 

  • BLANCO(ブランコ)

    樽熟成期間:2ヶ月未満

    蒸留後、0日〜2ヶ月未満、樽で熟成させた物。アガベ本来のフレッシュ感を味わえる。

  • JOVEN(ホベン)

    ブランコに他のクラスの熟成させたテキーラ。ブランコに絡める色素で色つけした物を指す。またはGOLD(ゴールド)とも呼ばれる。

  • REPOSADO(レポサド)

    樽熟成期間:2ヶ月〜1年未満

    程よく爽やかな甘さ、オーク樽の暖かさがフルーティー感を感じさせる、ソフトな味わい。初心者におすすめのクラス。

  • ANEJO(アネホ)

    樽熟成期間:1年〜3年未満

    しっかりと熟成させオーク樽の香りや色を映した上質なアネホ。とろっとまろやかな樽の甘味を感じられるクラス。ショットやロックがお勧め。

  • EXTRA ANEJO(エクストラアネホ)

    樽熟成期間:3年以上

    アネホを更に熟成させ、樽の個性と奥深さを移したエクストラアネホ。生産本数も少なく気象性が高い。値段も高価な事から、あまり飲む機会が少ない上質なテキーラ。

 

 

特殊フィルターでろ過して透明にした、CRISTALINO(クリスタリーノ)と言う、非常に珍しいクラスのテキーラなども存在します。それぞれのクラスに特徴があり、飲み方も変わってくる。自分好みのテキーラを探すのもテキーラの楽しみ方と魅力の一つです。

 

 

 

 

 

 

『テキーラの規則』

テキーラの代表的な8つの規則内容。

 

 

・「アガベアスール」のみを原材料として使用。

・ボトルのラベルにNOM番号(4桁の生産者番号)を記載。

・原産地呼称で保護された指定産地5周で育成したアガベアスールを使用し、製造、蒸留したもの。

・アルコール度数が35%〜55%以内。

・メタノールの値は3mg/ml以下。

・蒸留回数が、単式蒸留の場合2回以上。

・水以外のメローイング(添加物)は1%以下。

・100%プレミアムテキーラは、ボトリングも含めて指定地域限定であるが、ミクストテキーラは国内外の登録済み業者によるボトリングが可能。

 

 

 

 

 

 

 

テキーラが幅広く愛されているのは理由があります。

単純に、美味しく格好良く、楽しいお酒だから。

 

テキーラはそれぞれの銘柄事に樽熟成を行い、味わいに変化をもたらします。

熟成度合いによって呼び名が変化し、それは大きく4つに分類されます。

熟成の度合いによって飲む時間帯も変われば、合うお料理も変化していきます。

 

テキーラはメキシコ料理はもちろん、日本が誇るお刺身やお寿司との相性も良く、近年ではカウンターのお寿司やさんで目にする事も少なくありません。

またお蕎麦との相性も抜群です。

日本に広まるテキーラの悪いイメージを覆し、正しくテキーラを楽しんで頂けるよう、日々発信しております。