2018/12/15
ハンバーガーのルーツを探る

ハンバーガーのルーツを探る

 

ハンバーガー(hamburger) とは、焼いたハンバーガーパティを専用のバンズに挟み込んだサンドイッチの一種であり、アメリカ合衆国を代表する国民食、アメリカ料理である。日本には、第二次世界大戦後の長崎・アメリカ海軍佐世保基地に駐留した米軍によって、本格的にハンバーガーが持ち込まれたとされている。その後1948年頃から日本各地にハンバーガーショップが創業されて以降、今日に至るまで、フランチャイズから個人店まで、多くのハンバーガーが存在する。今日はそんなハンバーガーの歴史を探っていきたい。

 

 

『挽肉料理のルーツ』

 

ハンバーガーの誕生については複数の説があるが、18世紀後半から、19世紀初頭にかけて、アメリカ合衆国内で広まり、今や世界中から愛されている料理となっている。もともとハンバーガー及び、挽肉料理のルーツは13世紀までさかのぼる。モンゴル系遊牧民族のタタール族は、馬の生肉を食す習慣があった。筋張った馬肉を食する際に食べ易くミンチにしたり、細かく刻んだ玉ねぎを混ぜたり、胡椒や香辛料で臭みを消すなどの工夫が施された。当時はタルタルステーキとして生色で楽しんでいたそうだ。現在でも日本のレストランなどで存在する、マグロのターター(タルタル)などはタタール族から由来するのだ。その後、馬肉から、入手しやすい牛肉へと変わっていく。

 

『ドイツ発祥』

 

18世紀初頭、そのモンゴル系遊牧民族らのタタール料理は、ドイツの港町・ハンブルクで話題となる。ハンブルクでは牛肉や豚肉の合挽肉が使われたり、肉が足りない時は、パン粉をつなぎとして使うなどした。ご存知『ハンバーグ』の誕生だ。鉄板で焼き、玉ねぎやスパイスなどを入れるなど、既に現代にかなり近い作りとなっていた。ハンブルクでは労働者の人気料理になるなど、ヨーロッパで独自の発展を遂げた。この時、パンに挟んで食べていたか定かではない。が、ハンバーガーはドイツで生まれたと言われているのはこんな背景からである。しかし、ハンバーグがドイツ発祥というのは間違いなさそうだが、この時はまだ『ハンバーグ』と言う名前は付いていない。

 

 

18世紀~20世紀前半、多くのドイツ人がハンブルク港から船出しアメリカに移住した。ドイツ人は、アメリカで美味しそうに焼き上げたひき肉料理を食した。現地のアメリカ人は、ドイツからきた彼らが食べている焼き上げたひき肉料理を「ハンブルク風ステーキ(ハンバーグステーキ)」と称した。ハンバーグと言う、名前の誕生だ。現地アメリカ人はハンバーグに感動を覚えたと言う。

 

『やはりアメリカ料理だった』

 

アメリカで「ハンブルク風ステーキ(ハンバーグステーキ)」は更に進化して行く。様々なソースが生まれ。焼き方が生まれ。その後アメリカでは、そのハンバーグをバンズ(パン)に挟んで食するようになった事が、ハンバーガーの誕生であろう。1904年、アメリカで開催されたセントルイス万国博覧会の会場で生まれた説や、コネチカット州の食堂で開発されたと言う説など様々だ。1920年代に、ビリー・イングラムとウォルター・アンダーソンの2人がカンザス州に1個 5セントでハンバーガーの販売を始めた。それがホワイトキャッスルである。正方形に作る小ぶりのハンバーガーで有名だ。のちにアメリカ中に店舗が拡大し、これがハンバーガーチェーンの先駆けになったという。

 

 

『最も愛されるアメリカ料理』

 

その後1940年代にはマクドナルドが創業し、ドライブインが評判となった事でアメリカを中心に各国に広まった。その長い歴史を経て誕生したハンバーガーは多くのアメリカ人に愛され、今ではアメリカを代表する、世界共通の料理として愛され続けている。様々な具材を挟んだり、ソースやバンズを変えるなどの工夫がそれぞれに行われ、フランチャイズ店の発展、街場のバーガースタンド、高級レストランなどでも食べられる最高の料理と発展を遂げたのであった。日本でもその後1948年頃にハンバーガーは到来し今日に至るまで、フランチャイズから個人店まで、多くのハンバーガーショップが進化を遂げてきた。日本のハンバーガーのクオリティは相当高い。次は近年の日本のハンバーガーショップの魅力をお伝えしたい。【日本のバーガースタンド】へ続く。