2019/02/19
【Jonathan

【Jonathan "Meres One" Cohenbs】

 

Jonathan "Meres One" Cohen(ジョナサン・コーエン )通称『メレスワン』は1973年にニューヨーク州、サウスブロンクスで生まれ、クイーンズで育ったアーティストである。彼は13歳の頃、今でいうグラフィックアートの先駆けのタギング、落書きに興味を持ち始め、彼のアーティストネームである『Meres』のタグを開発し、1991年にはTD4(The Deadly 4mula)というクルーを結成。それはタギングやアートの集団だった。彼らは90年代半ばまでに、フロリダ州、コネチカット州、オハイオ州、ニュージャージー州、ノースカロライナ州、オランダなどに、何百もの作品を描いたとされている。

2002年頃、Phun Phactory(ファン・ファクトリー)のキュレーターを務める事で、世の中のアートを大きく変えて行く。そのファン・ファクトリーこそが、ニューヨーク市クイーンズ地区にかつて存在した【5Pointz Aerosol Art Center】である。

 

1991年、Meresはニューヨークのファッション工科大学のイラストプログラムに参加し様々なアートだけでなく、映像クリエイトや、ビデオメイキングなど、インスタレーションに至るまで、多くを学んだ。主にエアロゾルアートを表現手段として使ったMeres Oneは、アリーナや街角など、多層的で技術的に健全な色彩のビジョンを取り入れた作品を残している。

また、出版物による著名な作品として、「Now You See Me」や「Brown Sugar」など、映画作品やミュージックビデオなどへの著しい貢献も提供し、プロジェクト滑走路、そしてESPN全米オープン、フォックスなどのテレビ番組などにも携わる。

自身がキュレーションを務めたニューヨーク市にかつて存在したPhun Phactoryを『5Pointz』と名付け、数多くのアーティストが携わるグラフィティーミュージアムと化した。多くのスプレー缶職人を教育し、アートフォームを高め、世界中のエアロゾル・アーティストたちの集まる場所となった。『5Pointz』という名称は、ニューヨーク市の5つの行政区がひとつになるという意味から成るが、もはや世界中を一つにしたと言えるだろう。多彩な才能や、様々なプロデュース力によって彼は多くのカルチャーから愛され、認められていく。

フランス芸術協会とフランソフォニー(FIAF)が主催するチュニジアの文化芸術祭である2013年の世界遊牧民祭は、国際的なビジュアルアーティスト、エル・シードを主催し、Meres Oneは大使に選ばれる。全国の40店舗以上のブランドヘッドデザイナー。Joan Jett&The Eyeliners、ヒップホップの著名人Marley Marl、俳優のMark RuffaloとWoody Harellson、Usher、Jadakiss、ヒップホップの創設者DJ Kool Herc、そして数え切れないほどのニューヨークの独立系アーティストとコラボレーションをし彼は最も実力にあるコンテンポラリーなアーティストへとなった。

 彼の30年間のエアロゾルアーティストとしての活動を通して、メレスの作品は数千に及ぶ。彼はOTMエアロゾルアート集団の創設者であり、世界で最もエリートで豊富なエアロゾルアート集団の1人であるCBSクルーのメンバー。

 

彼の作品は、パリッシュ美術館(ニューヨーク州ハンプトンズ)、オーランド美術館(フロリダ州オーランド)、ラッシュ・アート・ギャラリーや、ドリアン・グレイ(ニューヨーク州マンハッタン)コリドーギャラリー(ニューヨーク州ブルックリン)また、ゴールドコースト・アートに展示されている。 彼は、マーサ・クーパーとヘンリー・チャルファントの25周年記念の落書き聖書「Subway Art」でも不死化されている。彼の作品は数多くの熱心なアート愛好家などの人々によって購入され、集められてきた。

またLouis Vuitton、Nikon、Nespresso、Facebook、Googleなど数多くの有名企業とのコラボレーションも果たし世界で最も悪名高い "ストリートバンダル"バンクシーの、Meres Oneは視覚的な標高の頂点だ。落書き作家は彼の名前を描く。

 

『私は落書きをしません、私は落書きです』

 - Meres One -