2019/06/07
CHATTY CHATTY

CHATTY CHATTY

 

ホワイトバンズは『CHATTY CHATY』の顔である。新宿御苑付近の路地裏を少し入ったところに凛と佇む。この辺りは割と静かで、夜の街灯もそれほど多くはないが、『CHATTY CHATY』の前には、いつも人だかりがあるように感じる。長蛇の列になっているのではなく、カリフォルニアの田舎の繁盛店を思い出す。お店の前にはドンッとベンチがあり、その感じもクラシックさを感じる。『CHATTY CHATY』はいつ行っても外国のお客さんが多いように感じる。日本に滞在中、もしくは観光に訪れた若め外国人だ。店内は縦長で、入った瞬間にカウンターがあるのは、個人的に大好きだ。サンド色を基調としている店内はシンプルで、壁の絵画もさりげない。アイアンファニチャーが本当によく合う、落ち着く空間でもあり、カッコよく雰囲気を味わえる。

 

 

メニューのラインナップを見て楽しくなった。スタンダードバーガーに加えて、近年話題になったピーナッツバナナバーガーなど、変わったラインナップが多く存在する。チーズバーガーだけでも、チェダー・クリーム・モッツァレラ・ブルーの4種るから選ぶ事ができる他、テリヤキやチリビーンズチーズ、バジルマッシュルームなど、この他にも、かなりの面白いバーガーがラインナップに組み込む。近年話題のルーベンバーガー(パストラミ)も食す事ができるのは嬉しい。様々なトッピングを自分なりにアレンジする事で、組み合わせ次第では3000種類以上のバーガーを楽しむ事ができるのは、もはや一回では堪能する事はできない。他にも人気のマンスリーバーガーなどは、毎月人気高く、それを目当てに来店するファンがいる程。マンスリーバーガーからグランドメニューに発展することもあるのだと言う。

 

 

『CHATTY CHATY』の特徴は、言うまでもなくバンズにある。ホワイトバンズは甘く、もっちり、しっとりとしている。バンズだけでも堪能できる程のこだわりのバンズはファンがつく理由だろう。そのバンズを更に美味しくさせる肉々しさ溢れるパティはボリューミーだが繊細な味わいで、食べ終わった後の満腹感はもちろんだが、ついまた食べたくなる依存性を感じる程の旨さだ。フレンチフライはカリカリの細切りで、プラス100円でつけれる。その他、サンドイッチやサイドメニューも充実しており、サラダはもちろん、ポタージュも人気メニューの一つ。サンドイッチメニューの豊富さにも脱帽だ。

 

 

メニューラインナップの豊富さは、深く楽しめる。その中でも『CHATTY CHATY』らしさが存分に表現されている事は、多くのファンを虜にする秘訣なのかもしれない。外国人のお客さんが多いのも本格の表れだろう。ぜひ一度訪れて頂きたい名店だ。

 

 

SHOP INFO

CHATTY CHATTY

 

ADDRESS

東京都新宿区新宿1-12-1-1F

 

ACCESS

東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅から徒歩2分

都営新宿線、東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅から徒歩5分

   

OPEN

11:00~23:00

 FOOD L.O.22:00 / DRINK L.O.22:30

 

CROSE

不定期(Instagramにて更新)

 

TEL

03-6457-7262