2019/06/23
ALDEBARAN

ALDEBARAN

 

新しい風が吹いている。六本木ヒルズとハイアットの中間地点に佇むにもかかわらず、本当に六本木かと思わせるほどにローカルな路地にALDEBARANは存在する。路面店ではなく、ポツンと出てる看板のみが目印で、その先の扉の向こうは地下へと繋がる階段だ。階段を降り地下に広がる異空間は、すでにハンバーガーの常識を覆していた。コンクリート打ちっ放しの壁には様々なアートと、プロジェクターで映し出されたムービー。無造作に置かれたテーブルやソファー、そしてグランドピアノなど、ラウンジにいるような感覚にある。照明はグッと抑え、テーブルにはローソク。音楽はリズムアンドブルースやソウル、ロックミュージックなどが流れる。ALDEBARANにとって常識など存在しない、まさにハンバーガー業界の新星だ。

 

 

ALDEBARANのオーナー・ミノタウルスKAYA氏は、千葉松戸市の行列バーガースタンド『R’s』出身。ユーモア溢れるバーガーの数々はオーナーの様々な経験が物語る様に思う。オーソドックスでいわゆるスタンダードなハンバーガーはなく、ひねりの中に完成度の高いハンバーガーばかりだ。ランチメニューで一番人気のリアルバランバーガーは、『R’s』秘伝の照り焼きソースに100%和牛を使用したパティ、半熟卵とチェダーチーズを合わせた作品。旨味を閉じ込めるように香ばしく焼いたパティと照り焼きソースに半熟卵がなんとも言えないコントラストを打ち出す。キャラメル色になるまでゆっくりと炒めた玉ねぎコンフィーが、全体を中和させるソースのように旨く、まさにグルメバーガーの一番星的存在。ランチはポイテト付きで1600円と、クオリティやボリュームから考えるとかなりコスパがいいと感じた。オーダー毎に一つ一つ焼き上げている為、提供までに時間はかかるが、待たされてる感じもなく、その空間の居心地はよく、六本木にしてはゆったりとした時間が流れていた。

 

 

その他、全粒粉専用バーガーのKAYAピーバーガー(1700円)や、アボカード(1650円)、ずっちーなチーズ(1800円)がランチメニューのラインナップに組み込まれている。リアルバランは売り切れが続出するほどの人気ぶりだが、ずっちーなチーズバーガーは、パフォーマンスや満足度、完成度が非常に高くアルデバランを代表する作品だ。

ディナーはまたメニューが違った。ずっちーなチーズバーガーがブルーチーズに変わる他、リアルライスバーガーなど、ディナーも、ALDEBARANのユニークなオリジナルバーガーラインナップが食事をワクワクさせる。中でもディナー限定で一番人気。これを求めて多くのお客さんが足を運ぶほどのミノタウルスバーガーはシェフ・ミノタウルス氏、自慢の作品。こちらも和牛100%のパティにパインとエッグを重ねた超絶グルメバーガー。自家製ミートソースが不思議な感覚になる、重いようで重くなく、飽きることもなく、次々に口の中に運んでしまう。

綺麗な女性スタッフのサービスの高さと、ワイルドなシェフ及びバーテンダーも、従来のバーガースタンドには見受けられないスタイルで目を引く。ディナーはワンドリンク制で、20時までの営業だが、具材などが無くなり次第で売り切れてしまうことが多い。それも良い素材を保ち、一つ一つを丁寧に手がけている証拠だろう。グルメバーガー界に新たな風を巻き起こすアルデバランの今後がきになる。

『アルデバランとは、おうし座の中にある赤い一等星で太陽の数十倍の巨大な恒星だ。』

 

 

 

SHOP INFO

ALDEBARAN (アルデバラン)

 

ADDRESS

東京都港区西麻布3-2-9サンライズ六本木地下1階

 

ACCESS

日比谷線六本木駅出口より徒歩5分
大江戸線六本木駅出口より徒歩7分

六本木駅から420m

 

OPEN

11:00~15:00(L.O) on 火曜〜金曜

17:00~20:00(L.O) on 火曜〜金曜

 11:00~18:00(L.O) on 土日祝

*数に限りがありますので無くなり次第終了とさせていただきます。

 

CROSE

月曜日

 

TEL

03-6434-7800