2019/06/28
CRUZ BURGERS

CRUZ BURGERS

 

ハンバーガー好きも、そうでない方にも、近年話題のバーガースタンドが四ツ谷にあった。CRUZ BURGERS(クルズバーガー)は2015年11月にオープンして以来、多くの人を虜にしている。お肉本来の旨味が楽しめると言う印象のハンバーガーを出すクルズバーガーは、カリフォルニアの田舎町、サンタクルズにあるようなレストランをイメージしている。日本で中々出会う事ができない本格的かつ、繊細な味わいは、創業以来多くのファンを増やしている。国内外のクラフトビールのラインナップにも定評があり、ビール好きにも人気が高いバーガースタンドだ。

 

 

ハンバーガーは、機械で挽いた挽肉ではなく、ハンドチョップで細かくしているパティは、旨味が多いオーストラリア産のショートグレインを使用。ショートグレインは穀物を食べて育った牛で赤身が特徴の、淡白だが旨味の強い味わいだ。短角種として近年では日本でも広く知れ渡り、ステーキハウスでも短角和牛が多く普及するほど。クルズパティの部位はザブトンをベースにミスジや牛脂を加えて繋いでいる、こだわりの100%ビーフパティだ。溶岩石のグリルで焼きあげている為、余計な脂を落とし、よりジューシーに仕上げている。お肉本来の旨味が楽しめると、多くの人が口を揃えて言うのには、作り手の細かな技や、工夫から納得がいく。

 

 

バンズは、新宿区にある老舗ベーカリー「峰屋」別注と断言。峰屋は多くの有名ハンバーガーショップのバンズを手がける凄腕ベーカリーだ。砂糖を使わず甘酒酵母でほんのりの甘味を感じさせるバンズは、クルズの手がけるパティを引き立てる最大の役割だ。ベーコンも自家製で、出来立ての燻製は圧巻の味わい。

一番人気バーガーは、そのベーコンを使用した、やはりベーコンチーズ。パティ、バンズ、ベーコンとチーズのバランスこそ、クルズバーガーの看板だろう。そこに半熟の目玉焼きを乗せたのがベーコンチーズ&フライドエッグは同等の人気を誇ると言う。

 

カリフォルニアの田舎町、サンタクルーズにあるようなハンバーガースタンドをイメージしたクルズバーガーは、やはり本場のメニューも存在する。チリビーンズチーズバーガーは、日本のバーガースタンドでは、あまりお目にかかれない本場のハンバーガーで、日本人にとっては新たな世界を感じることができるだろう。バーガーを注文するとポテトが付いてくる。シューストリングでも、ウェッジカットでもなく、ワッフルポテトだ。このワッフルポテトの旨さにも脱帽。芋本来の旨さもありつつ、ホクホク感、サクサク感。冷めても美味しさの残るポテトも、クルズバーガーの看板であると言える。

 

 

クルズバーガーの店主は本郷三丁目に構えるグルメバーガーの名店FIRE HOUSE』での経験を経て、ここ四谷に自身のバーガースタンドを開いた、凄腕のバーガー職人だ。様々な試行錯誤を繰り返した結果がクルズバーガーに現れている。ハンバーガー以外にも、世界各国のクラフトビールを始め、豚肩ロースの塊肉をゆっくりと火を通しホロホロにさせたBBQプルドポーク(BBQソース)やそれをサンドイッチにしたメニューなど、一度行っただけではクルズを語れない程に全てが美味しいバーガースタンドだ。

 

 

 

 

 

SHOP INFO

CRUZ BURGERS(クルズバーガー)

 

ADDRESS

東京都新宿区三栄町6 小椋ビル 1F

 

ACCESS

JR中央線・南北線東京メトロ丸ノ内線『四ツ谷』駅下車。徒歩5分程度。

東京メトロ丸ノ内線『四谷三丁目』駅下車。徒歩6分程度。

   

OPEN

11:00~23:00(L.O 22:30) on 平日

 11:00~21:00(L.O 20:30) on 土日祝

 

CROSE

火曜日

 

TEL

050-5590-2165