2020/04/05
クミンスパイスを知る

クミンスパイスを知る。

 

キング・オブ・スパイス 『クミン』

スパイスの中でも超入門編でありながら、最も多くの料理やスパイスの調合に使われています。まずはクミンを知るところからでも面白いと思います。

エジプト原産のスパイスであるクミンは、最も古いスパイスとしても知られ、東洋の原産とも言われていますが、古くから地中海沿岸で生育していました。

クミンは、カレーを感じさせるエスニックな芳香を特徴としており、カレーは勿論、タコスやインド料理など、世界各国で肉や野菜料理、煮込み料理、炒め物、パン、チーズなど、幅広く用いられています。

 

クミン単体の香りは、ツンとした香ばしい強い香りが特徴的で、多くの人が味わった事のあるスパイスと思います。ツンと香ばしく強い香りのほか、ほのかな苦みの奥に深いふくよかな香りが感じられます。それは、多くのスパイスミックスや、それらを使った料理のバランスを整えるといってもいい程のスパイスです。

先ほども述べたように、クミンは4000年以上前に、エジプトで薬として使われていたという記述が残っている程、歴史の古いスパイスです。

 

 

食欲不振、肝機能障害、胃弱、下痢などと、多くの症状に効き目があり、漢方としても大変有名なスパイスです。

南米地方、特にインドでクミンは料理に欠かせません。ダナジーラと呼ばれるインドで最も使われているスパイスミックスは、クミンとコリアンダーの2種を混ぜ合わせたもので、その多くがインド料理に使われています。

 

写真

ダナジーラ

 

クミンに限らず、スパイスにはホールとパウダーが存在します。詳しくは、ホールとパウダーをご覧ください。

ホールのクミンは、料理の最初に油と一緒に、弱火でゆっくりと熱し、その香りを引き出して油に移す方法がベストです。インド料理では、スタータースパイスとも呼ばれ、料理の最初に、油に香りを引き出してよく使われます。

一方、クミンパウダーは料理の仕上げや煮込みの際に加え、その香りをプラスする感覚で使うのがベストです。ひき肉を炒めている途中にクミンパウダーを加えるだけで本格的な味わいになります。

クミンを知り、料理の幅を広げてみるのはいかがでしょうか。

GenuineのONLINE-STOREでは、クミンスパイスや、クミンを配合したオリジナルスパイスがご購入いただけます。