2020/04/09
カレー粉とガラムマサラを解説

カレー粉とガラムマサラを解説

 

「カレー粉」と「ガラムマサラ」は、どちらも同じような、ハーブやスパイスがブレンドされています。どちらも、それらのハーブやスパイスのブレンド比率に決まりはありません。が圧倒的な違いが一つだけあります。それは、カレー粉には「ターメリック」が入り、ガラムマサラにはターメリックが入らないという事です。ターメリックは色味つけのスパイスであり、日本語では「ウコン」です。

ターメリックはショウガ科で、二日酔いに効く、肝機能を増進する効果や湿潤効果などがあり漢方などによく使われています。

なぜ、カレー粉にターメリックが使用され、ガラムマサラには使用されていないのでしょう。

 

genuine curryspice

 

そもそもカレー粉は、カレーの本場インドには存在せず、イギリス発祥のミックススパイスです。18世紀後半、インドに赴任していたイギリス人が自国にスパイスを持ち帰った事がきっかけとなってイギリスに広まりました。その後イギリスでも簡単にインドカレーが作れるようにカレー粉が生み出されたそうです。

現代でもインドではあまり、カレー粉は使われません。

インドは「ガラムマサラ」を中心に調理が行われ、カレーを作る時に、色付けとしてターメリックを入れるという事です。

インドのガラムマサラには、クミンやコリアンダーを中心に香り高い複数のスパイスとブラックペッパーの辛味が特徴的なスパイスです。

 

genuine garam masala

 

カレー粉」と「ガラムマサラ」の違いをお解り頂けたでしょうか。
結論、「カレー粉」 が香り・色・辛みのバランスのとれたミックススパイスであるのに対して、「ガラムマサラ」 は、香りづけや辛みづけに活躍するミックススパイスという事になります。
カレー粉を使えば、みんなが大好きな「カレー味」 になり、ガラムマサラを使えば、本場のインドのスパイシーな風味を楽しむことができます。これらは好みになります。様々な調合のカレースパイスやガラムマサラを試して好みの味を見つけてみるのはいかがでしょうか。

GENUINEでも独自の調合のカレー粉やガラムマサラの販売をしています。ぜひONLINE-STOREをご覧ください。