2020/05/19
ロゴ

オレガノ

 

トマトと合わせるのに最もポピュラーなスパイスです。

地中海沿岸が原産で、栽培地の多くはギリシャ、トルコ、イタリアなど。

イタリア料理にも多々出てくる事でも知られている。またアメリカでは、アメリカンピザによく使われているイメージがあります。

 

主には葉を使い、乾燥したものと生のものが存在しますが、乾燥したものが多く出回っています。最近では生の葉っぱもスーパーで簡単に手にする事ができます。乾燥したオレガノの方が香りがよく、トマトやチーズ、小麦とよく合うため、乾燥したものを好んで使う人が多く見受けられますが、生の葉っぱは、お魚を焼く時や、マリネなどに使われます。

爽やかなほろ苦さと清涼感を兼ね備えたオレガノはアメリカンピザに好まれています。それはアメリカンピザによく使われるイカなどの魚介類や、ソーセージやサラミなどの具材との相性がいいからです。

もちろんイタリアのピッツァにも使われますが、イタリアピッツァにはバジルの相性の方がポピュラーな気がします。もちろんオレガノを生かしたイタリアピッツァは多く存在します。

またメキシコ料理には欠かせません。オレガノをチリパウダーと合わせて炒め物や煮物、お豆の煮込みに入れたりします。

ちなみにチリコンカンはメキシコ料理ではありません。正確には、メキシコとアメリカの国境付近の地区テクスメクスの料理です。テクスメクスの料理もオレガノはよく使われています。

 

強い薬効効果。

古くから神経性の頭痛薬として重宝されているオレガノは、風邪やインフルエンザなどの呼吸器系治療薬としても用いられてきました。肉体疲労や滋養強壮に良い漢方です。しかし、成分が強いため、お子さんや妊娠中の妊婦への服用は控えた方がいいと昔から言われています。

 

乾燥のオレガノは、様々な料理アクセントとして使われています。アメリカンやメキシカンが好きな私は常にキッチンに置いてあるスパイスの1つです。

オレガノを使ったレシピも公開していますので是非ご覧になってみてください。

オンラインストアでの販売も行っています。