2021/03/16
熟成度合い

熟成度合い

 

テキーラは樽での熟成が行われるが、熟成期間によって呼び名が変わってくる。

樽の素材もブランドによって変化をつけ、それぞれの味を出している。

熟成期間によって変わる呼び名を解説。これも勿論、原産地呼称保護制度で管理されている為、世界共通である。

 

ブランコ

0日から60日未満

樽熟成を一切行っていない、または樽で60日以内の短期間熟成するテキーラを『ブランコ』と呼ぶ。無色透明でクリアな見た目から「シルバー」とも呼ばれる。

アガベ本来のフレッシュ感を楽しめる味わい。アガベ自体の旨味や、発酵具合によっても異なってくるが、アガベ本来の青臭さが特徴。アメリカを中心に人気が高い熟成。

 

ホベン・ゴールド

オホ(ORO)や、ヤング(YOUNG)と呼ぶ場合も稀にある。ブランコに他のクラスの熟成したテキーラを混ぜ合わせたもの。またはブランコにカラメル色素で色つけしたものを呼ぶ。ブランコより多少の甘味や飲みやすさが特徴。

 

レポサド

60日から365日未満

樽の色や香りがほのかに移った、非常に飲みやすいレポサド。軽い甘味、口当たり、フルーティーさのバランスが特徴的で、最もポピュラーなテキーラ。値段も比較的リーズナブルで初心者が楽しみやすいレポサド。

ほとんどのブランドがラインナップに取り入れている為、飲み比べができるのも嬉しい。現地のメキシコ人に人気の高い熟成。

 

アネホ

1年から3年未満

オーク樽の色もしっかりと写り、色濃くマホガニーなのが特徴的。樽の香りもしっかりと移り、アガベ本来の香りに樽由来のバニラ香や蜂蜜のような、まろやかな香味が加わり、豊かで芳醇な香りが楽しめる。

少しねっとりとした粘度も魅力の一つ。熟成されたコクや味わいは年代物のウィスキーの様な高級感。日本人の口に合い、日本人に最も人気が高い。値段もそれなりである。

 

エクストラアネホ

3年以上

アネホよりも更に熟成されたものがエクストラアネホ。

アガベの収穫には7年から12年もの長い栽培期間がある為、それを含めたらかなりの時間がかかる。手間暇かかるクリスタルアネホを所有している銘柄はそれほど多くない。香り高く上質でまろやかな味わいが特徴的で、大切な方へのプレゼントや、記念日などのテキーラである。

 

テキーラ・マドゥラド・クリスタリノ

TEQUILA MADURADO CRISTALINO

レポサド、アネホ、エクストラアネホを特殊なフィルターにかけろ過する事によって脱色され、透明にしたものの総称。樽の香りや、バニラ香、甘味は残るが、クリアーな不思議な味わい。ろ過する事によりアルコール度数が若干高くなる。

 

 

それぞれの熟成度合いにあった飲み方があり、それらは人それぞれ。様々な銘柄のテキーラを、様々な銘柄の熟成度合いの違いを楽しむのは男のロマンかもしれない。しかし、私の周りにはテキーラ好きは女性が多い。