2021/10/03

テキーラの歴史

テキーラとは、メキシコのハリスコ州、グアダラハラ市近郊のテキーラという地域に1700年代から作られている地酒です。シャンパーニュ地方のシャンパンやコニャック地方のコニャックと同じように、テキーラは原産地呼称が世界で認められています。つまりテキーラでつくられなければテキーラとは呼ばれません。それほど特徴のある気候、土壌、職人技や伝統をテキーラでは実感として感じとる事ができます。

メキシコにはもともと「プルケ」というリュウゼツランの搾り汁を発酵させた醸造酒が西暦200年頃には存在していました。発酵させずとも、アガヴェの芯の部分で自然発酵されることもあります。大昔に山火事が起きたとき、こんがり焼けたアガヴェの中心に酒が出来ていたという話や、鳥がアガヴェの中心に入り込み出てくるとフラフラで飛べなかったので発見されたなどいろいろな話がありますが、1800年以上も前のことですので真相はよくわかっていません。プルケは呑んでみると日本の甘酒にかなり似ています。スペインから蒸留技術が持ち込まれると、プルケを蒸留したメスカルが誕生。メスカルは1538年の課税に関する最古の記録があります。そのメスカルの中からハリスコ州政府の機関「CRT(Consejo Regulador del Tequila)」が厳重に管理しCRTの規則に合ったものがテキーラと呼ばれます。

蒸留所はNOMと呼ばれる4ケタの蒸留所番号を与えられ、テキーラの瓶には必ずこの4ケタの番号がNOM1103のように記されています。エラトゥーラ(NOM1119)とエル・ヒマドール(NOM1119)のように同じNOMを持つテキーラは同じ蒸留所産だとわかります。最古の蒸留所はクエルボ蒸留所(NOM1122)で1795年創業です

テキーラの起源は、西暦200年頃(一説には紀元前)に、プルケと言う、竜舌蘭から作られる醸造酒が進化したと言われています。

15世紀、メキシコに上陸したスペイン人が持ち込んだ蒸留機によって、アガベ液が蒸留され出来たお酒です。

のち1795年スペイン領であった当時、スペイン国王から認可され初のテキーラ蒸留所ができました。それがクエルボ社です。

 

 

 

 

テキーラの起源は、西暦200年頃(一説には紀元前)に、プルケと言う、竜舌蘭から作られる醸造酒が進化したと言われています。

15世紀、メキシコに上陸したスペイン人が持ち込んだ蒸留機によって、アガベ液が蒸留され出来たお酒です。

のち1795年スペイン領であった当時、スペイン国王から認可され初のテキーラ蒸留所ができました。それがクエルボ社です。

 

テキーラの歴史

 

1960年代、音楽アーティストなどの影響で、

テキーラサンライズやマルガリータなどが流行しました。

今も尚、テキーラを使ったカクテルは沢山存在し多くの人に楽しまれています。

 

ハリウッドスターを筆頭に多くの著名人が愛用し、全米で大人気のお酒として多くの人から愛されています。

アーティストや俳優がオリジナルのテキーラを製造する事も、一つのステータスとなり、生産量は増え続けています。