2021/10/17
ロゴ

マタドール

 

マタドールはテキーラをベースに、パイナップルジュースとライムジュースをシェイカーで合わせたロングカクテルである。

バーで出てくるマタドールに生のパイナップルが添えられているが、このパイナップルと一緒にマタドールを飲む事で、より爽やかで、南国を感じられるだろう。

 

味わい

アガベの植物の青々しさと甘さ、そこにパイナップルの甘さと、ライムの酸味。

まさに南国を感じるロングカクテルです。添えてある生のパイナップルと一緒に飲む事でさらに南国を感じ、添えてある塩で更に爽やかに。

アルコール度数が弱いとは言いませんが、爽やかで飲みやすい事から女性に大変人気のカクテルです。

 

基準となるレシピ

テキーラブランコ:30ml

パイナップルジュース:45ml

フレッシュライム:15ml

 

作り方

①氷を入れたシェイカーに、全ての食材を入れシェイクする。

②生のグレープフルーツをグラスに添える。

 

『ポイント』

ライムはフレッシュライムの絞り汁を使う事で、本格的な味わいとなる。

 

『マタドールのアレンジレシピ』

ライム15mlをレモンや、オレンジなどの柑橘に変える事で、また違った味わいが楽しめる。

 

相性のいいテキーラ

グレープフルーツの甘さと、フレッシュライムの酸味が特徴的なマタドールは、アガベが強すぎないテキーラが合うのではないでしょうか。

Casco Viejo Blanco(カスコ・ブランコ)は、私がマタドールに合わせる際に使用する最適なカクテルです。

もちろんアガベの青々しさと甘さが引き立っているテキーラを合わせても美味しいマタドールに仕上がります。

 

トリビア

マタドールとは「闘牛士」という意味であり、そこから由来されています。

闘牛士は、ピカドール、トレアドル、マタドールの3種類に分けられています。

まずピカドールと呼ばれる馬に乗った闘牛士が槍で牛を刺し、その後トレアドルと呼ばれる闘牛士が牛を弱らせるためにナイフを身体に何本も刺します。

そして最後にマタドールと呼ばれる主役級の闘牛士が馬に乗らずに、赤いマントを持って登場し牛にとどめを刺すのです。

この最後に出てくる闘牛士(マタドール)の、牛に刺されないように軽い身のこなしをしているが、その身軽な動きがカクテルのマタドールの風味に似合うという事だそうです。