2018/07/13
上質な陶器のペンダントライト

【上質な陶器のペンダントライト】

 

時代とともに変わる照明器具。既製品にはない、巷で話題のハンドメイド作品。上質な陶器のペンダントライトを紹介したい。

 

 

『現代的グループ作家』

 

一級建築や薬剤工学の視点からあらゆるモノを企画、提案し、それを形にしていく現代的グループ作家ODD MASSIMOの代表作だ。インテリア照明として、小さくて可愛いものをたくさん吊るしたい、メーカー品とは異質の照明を使いたい。試行錯誤を繰り返したペンダントライトプロジェクト。

シェード(傘)は、越後妻有(新潟県十日町市)の窯元、村山大介陶芸研究所のしのぎの入ったカップ&ソーサーを使用している。村山大介氏は一つ一つを丁寧に轆轤で形成し、鎬のラインを一本一本削りだす、凄腕のハンドメイド陶芸家。

 

 

主にODD MASSIMOが、電球やソケット使用用途等からデザイン設計を担当し、電気安全法も取得。LED専用の照明器具となっており、低電力で光を灯す為、陶器のカップに熱はこもりにくくなっている。寿命が長いのも特徴的なLED電球は経済的にも環境的にも優れている。

 

 

先ほども述べたが電気安全法(PSEマーク)の表示製品なので安心安全に吊るす事ができるのもワンランク上のハンドメイド作品だ。シェード(傘)は、キナリ、飴、瑠璃、オリーブ、シャーベットの5色から選べるので、お部屋に合わせて色を選べるのも嬉しい。写真のように違う色を吊るすのも、統一させるのも、どちらも捨てがたい。カントリーなお部屋、モダンなお部屋など、様々な空間に合わせやすくなっている。

 

 

『インテリア業界からも高い頂き』

 

上質なルックスで、美しく、新しさを感じながらも、オールドスクール感を保ちつつの北欧チックで、どこか懐かしさも感じる照明器具。デザイン的にも、機能的にも優れた照明器具。時代にあった、最高品質の高級品と言えるだろう。他にも、お茶碗のシェードや、カフェオレボールなど、様々なフォルムのシェードを製作し、日々試行錯誤するODD MASSIMOに今後も注目していきたい。