2018/10/25
ハンバーガー McLEAN

McLEAN

東京下町の『蔵前』が今あつい。

雷門や人力車など東京下町の代表浅草の隣町に位置する蔵前。古い倉庫や家屋をリノベーションし、洒落たカフェや雑貨屋などが立ち並ぶ。隅田川が流れ、空には東京スカイツリー。浅草線と大江戸線が走り、都内中心部にも出やすい事などから、東京のブルックリンと呼ばれているリバーサイドエリア、東京下町『蔵前』

 

『クラフトマンシップ』

 

昔から職人の町としても知られている蔵前が、クラフトマンシップのある町である事を存じている方も多いのではないだろうか。江戸時代に幕府の御米蔵があったことや、明治時代以降、手工芸、革製品が集まった事などから、近年はレトロな職人の町として注目されている。このリッチなのに観光地らしくはないと言う、蔵前の独特な空気感もたまらない。そんなお洒落なエリアに佇むハンバーガースタンドを紹介したい。

 

【McLEAN】old burger stand

 

そんな蔵前にがっちりとリンクし、『正統派』で勝負できる本物具合こそ、まさにクラフトマンシップそのものだ。

 

McLEANold burger stand

 

複数の電球と、ウッド調でヴィンテージな外観は絶妙だ。店内のインテリアも作りすぎず、本場アメリカの街角バーガーショップを感じさせる空気感、スタッフのルックスや対応。それが普通に感じる一体感。店内のアートや、家具、ミュージック。そこにいるお客。全てが自然なのだ。

 

 『いい意味の普通、

普通が一番出せない領域』 

 

 

本場アメリカに近いと言う事かもしれない。それがこの地に絶妙にマッチしている。2階が客席となっており、1階にはキッチンとキャッシャー、隣接して、洒落たコーヒースタンド『leaves coffee apartment』があるのも嬉しい。バーガーは人それぞれ個性が分かれるのは正直な所。しかしこのバーガーは正統派アメリカバーガー、と誰しもが思うのではないだろうか。

 

 

『正統派アメリカバーガー』

 

それぞれの味覚のどこかを主張することもなく。最高にバランスのとれた、正統派の王様と言っても過言ではない。少し硬めでソフトだが甘みのあるバンズ。それに塗られたマスタード。肉々しいパティ。甘い玉葱と、とろ~りとろけるチェダーチーズ。

 

 

全てが絶妙のバランスなのだ。

 

一口頬張った瞬間に様々なツジツマが合った。透かした食欲を満たし、最高な空間で、その時間を満たしてくれる。全てのバーガーに、これもまたスタンダードで美味しいシューストリングが付いてくる。軽く塩が振られているが、客席にはケチャップとマスタードが備えられている。

 

『ハンバーガーの種類は豊富』

 

ハンバーガー  ¥980

チーズバーガー  ¥1130

アボカドチーズバーガー  ¥1280

マクレーン天麩羅バーガー  ¥1380

ニンジャ照り焼きエッグバーガー  ¥1280

グリルドベジタブルバーガー  ¥1180

 

and more

 

その他、Todays Burgersでは【McLEAN】の様々なレパートリーを楽しむ事ができる。あの有名なバーガーマニアで修行を積んだ店主だからできる、バランスのとれた独創的なハンバーガーを楽しむ事ができる。勿論美味しいクラフトビールも、常に5種類以上揃えている。

 

 

地元の人は勿論、遠方から足を運ぶ人も少なくない。しかし、意気込んで行くよりは、【McLEAN】の凛と佇む空気感で、ハンバーガーを感じる時間を冷静に楽しんでいただきたい。

口に運んだ時に伝わる幸せを楽しんで頂きたい。

 

 

 

【 McLEAN -old burger stand- 】

〒111-0043  東京都台東区駒形2丁目2−10

都営大江戸線『蔵前』駅下車。A7出口からすぐ。

都営浅草線『蔵前』駅下車。徒歩5分程度。

   TEL   03-6802-8232 

 OPEN  11:30~21:00(L.O 20:00) on 火曜~土曜

        11:30~15:00(L.O 15:00) on 日曜

CROSE 月曜