FURNITURE

 

 

  • ミッドセンチュリー

    【ミッドセンチュリーという時代】

     

    1950年代を中心に、アメリカや北欧などで工業製品として大量生産された家具やそのデザイン、建築物などを表す。近代の家具やインテリアに未だに大きな影響を与えている。知れば知るほど面白いミッドセンチュリーを探求する。

  • 北欧デザイン

    【北欧インテリアと日本】

     

    北欧インテリアは現代の日本のインテリアに大きな影響を与え、今なお市場は拡大している。自然が多く木材を基調としている北欧インテリアは日本人にとって使いやすく、取り入れやすい。北欧インテリアの本質や魅力。日本のインテリアとの関係性を紐解く。

  • 画像

    【名作椅子を感じる】

     

    空間インテリアのスタイルで決め手となる椅子。全体の色合いや家具の配置はもちろん、ワンランク上のインテリアは、こだわりの椅子にある。それぞれの作品のディテールや細かな作りを感じてほしい。

  • ジャン・プルーヴェ

    【ジャン・プルーヴェとスタンダードチェア】

     

    多くの作品を世に残し、今尚愛され続けるジャン・プルーヴェ。ミッドセンチュリー期に活躍した人物である。彼はデザイナーでありながら、職人、建築、車など様々な物事にトライしたプレイヤーである。ジャン・プルーヴェという時代を本人が作り上げ現代も生きている。

  • チャールズ&レイ・イームズ

    【チャールズ&レイ・イームズ】

     

    モダンデザインのパイオニア夫妻、チャールズ&レイ・イームズ。ミッドセンチュリーを作ってきたと言っても過言ではない程の影響力をもつデザイナー。彼らのデザイン性や先見性は、本質的な家具への想い、デザインへの想いが強い。そして楽しむ事を重要視する。

  • 画像

    【木工家具と生きる】

     

    木工家具は生きている。様々な種類の木材が存在し、様々な製造工程が存在する。愛着を持つ事で木工家具は長く生かされのは本当だ。作り手や、様々な木工家具を知り、木工家具と暮らしたい。

  • 画像

    【柳宗理とバタフライスツール】

     

    ミッドセンチュリー期に最も活躍した日本人デザイナーだろう。日本に留まらず世界で活躍した彼の代表作は、言わずもがなバタフライスツールだ。パリのルーブル美術館、ニューヨークの近代美術館には永久コレクションとして選定され、現在も世界各国から愛され続けている。

     

  • 【鉄製品の魅力】

    【鉄製品の魅力】

     

    ヨーロピアンテイストから始まったアイアン製品は、インダストリアルインテリアや、ブルックリンスタイルの確立によって、近年、様々な形で表現している。さらにアウトドアカルチャーにもアイアン製品は面白く生かされ、日々かっこいい作品が生まれている。

  • 画像

    【本当のブルックリン】

     

    ブルックリンスタイルは浸透し、おしゃれで魅力溢れる倉庫のようなスタイルは、多くの人が魅了される。昨今の日本でも、カフェやレストランのスタイルに取り入れられ親しみある空間が味わえる。しかし歴史や本場は、さらに楽しくさせる。